移動費用のお金を借りるときのエリア記載は旧エリアでいいの?

転居は一生や会社によっては急に必要となるケースもあり、その料金を一時的な負債で扱うは鋭い適用と言えます。ただ転居をすると前後で所在地の改変が伴いますから、どちらの所在地インプットで負債を行えば良いのかという質問は生じます。
対策を言えば、転居料金の為にお金を借りる場合には転居前の所在地で行なうのが望ましいと言えます。転居の為にお金を準備する訳ですから実際の所在地航行は負債先々となるので、その時点での居所を旧所在地で申告するのは本質的にも筋が通ります。また中でも新規の参入でお金を借りる場合には、審査段階である程度の在宅間があったほうが有利に動くケースもあるので、転居前の所在地を申請すべきと言えます。
今や契約しているショップからの負債であっても、旧所在地のままで負債を通じて問題はありません。参入意図によっては用途をおっしゃる事もありませんから、負債で料金を賄って実際に転居を行った後に所在地改変順番を行った方が、自治体的順番とも合わせてマイナスが起きにくいので望ましいと言えます。